忍者ブログ
 
写真とか駄文とか
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
カズマ
性別:
男性
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書いてる途中で日付変りそうですが、予告通り写真日記。
4月に撮ったモノクロ写真。
いきなり難易度高いなwww

モノクロで撮った写真と、数枚はカラーデータを飛ばしてモノクロ化した写真。
覆い焼き・焼き込み をして調整してみました。
カラー写真よりも繊細で、調整してる最中にゲシュタルト崩壊じゃないけど
目が錯覚を起こして、濃淡の区別がわからなくなりながらも、それっぽくw
素人作業なので、鼻で笑ってください。

DSCF1680.JPG
高台の風景

風景と人物の濃度差による立体感を考えながら
髪の質感も出るように焼き込み。
一番混乱したw

DSCF1681.JPG
仰ぐ

枯れ朽ちても、空に向かって何かを掴もうとしてるような姿。
もうちょっとアングル上のほうがよかったなー。

空の印象が薄くならないようにと、少し濃く調整しました。

DSCF1722.JPG
迷宮

その先に向かうのを拒むように、複雑にうねる枝が目の前を多い尽くす。
これはー・・・
特に調整してないですw

1546b82a.jpeg
ひねくれもの

みんなと同じように、まっすぐに進むのがイヤな時だってあります。
自分も、ひねくれものなので。
木の明暗差にメリハリをつけて、重量感を。
軽い気持ちじゃ無いんです。

DSCF1750.JPG
ふれあい

ひねくれものだって寂しいんです。
やさしい気持ちで触れ合えば、光も射します。
これも明暗差にメリハリをつけるように、焼きこみました。

DSCF1740.JPG
芽吹き

光を浴びた新緑が印象的になるように
葉を明るく焼き込みました。


モノクロ写真は、じっくり向き合うと非常に奥が深いです。
自分の中でイメージを作って、丁寧に作りこめば、長く楽しめる作品になるかな、と。

ちょうどこの時期に、ユージン・スミスの「楽園への歩み」をはじめ、数枚の手焼き写真を見る機会があったのですが
繊細にプリントされたモノクロ写真は一見の価値があります。

たくさんの写真家の作品に触れて勉強していきたいです。


「ボケ防止に」とか、書いたのにただの写真解説になっちゃったじゃないかーwww

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.73No.72No.71No.70No.68No.67No.66